佐藤優「嫉妬と自己愛 『負の感情』を制した者だけが生き残れる」と、その本で紹介されている諸作品

最近読んだ本。 嫉妬と自己愛 - 「負の感情」を制した者だけが生き残れる (中公新書ラクレ) 作者: 佐藤優 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2017/02/08 メディア: 新書 この商品を含むブログ (1件) を見る 「嫉妬」は、これまでにも多く語られていると…

アルチンボルド展@国立西洋美術館に行ってきました

近所に新しいラーメン屋ができていたので、ものは試しと行ってみました。 豚骨ラーメンと書いてあったので期待したのですが(豚骨ラーメン好きなので)、中に入ると店員が中国人…。 外見はよくある普通のラーメン屋さんにもかかわらず。 これはヤバそうだな……

チャンピオンズリーグ決勝雑感 Appleの発表はほぼ予想通り 雑誌「昭和の不思議101 消された日本 発掘号」

チャンピオンズリーグ決勝雑感 レアル・マドリーは憎たらしいほど強かったですね。クリスティアーノロナウドなんて、ひょっとして今が最盛期なのか?っていうぐらい圧倒的な存在感でしたし。 私はアンチレアルですので、頑張って早起きしたのに、2年連続で、…

パソコンを買い換えたいが、ろくなMacがない 澁谷由里「<軍>の中国史」を読んだ

パソコンを買い換えたいが、ろくなMacがない 今年に入ったぐらいから、そろそろパソコンを買い替えたいと思っているのですが、今、Macのラインナップが微妙なのばかりなので、踏ん切りがつきません。 MacBookAir→コスパが良いとはいえ、いつまでこんな安物Wi…

松尾 豊 「人工知能は人間を超えるか」(角川EPUB選書)を読んだ

人工知能は人間を超えるか (角川EPUB選書) 作者: 松尾豊 出版社/メーカー: KADOKAWA / 中経出版 発売日: 2015/03/10 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (33件) を見る 人工知能(AI)って言葉自体、ずいぶん昔からあって、数年おきぐらいにブームに…

渡邉義浩監修「呉から明かされたもう一つの三国志」 「コミック それからの三国志」

最近あまりしていない、本の話題でも。 今読んでいる本 木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか 上下巻セット (新潮文庫) 発売日: 2014/03/01 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 梶原一騎原作の劇画を地で行くような、べらぼうにおもしろい格闘技…

芦辺拓「紅楼夢の殺人」 (文春文庫)を読みました。 そもそも「紅楼夢」とは

「いつか読まねば」の私的ウェイティングリストに長年のっていた、芦辺拓「紅楼夢の殺人」を最近、ようやく読み終えました。 芦辺拓を読んだのは実は初めてです。 紅楼夢の殺人 (文春文庫) 作者: 芦辺拓 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2007/08 メディア…

ロマン優光「間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに」

最近、近所のスーパーでの支払いは、どんなに少額でも、全てクレジットカードでするようになりました。 最初は1000円未満の支払いにカードなんか使ったら、レジの人に迷惑かなと思ったのですが、実際に使ってみると、サイン不要、お釣りも出ないのでスムーズ…

勝間和代「2週間で人生を取り戻す! 勝間式汚部屋脱出プログラム」(文藝春秋)

私にとって不要な実用書のジャンルが2つあります。 ダイエット本と片付け本です。 にもかかわらず、どちらのジャンルも、おもしろそうな本があると、ついつい買ってしまいます。 前者は、「痩せたいと思っている人は、こんなに努力しないといけないのか」と…

上野久「メキシコ榎本殖民―榎本武揚の理想と現実」 (中公新書)

「真田丸」、上杉景勝のひどい(褒め言葉)キャラづけに、ハマっています。 景勝の小物っぷりが愛おしくてw そんな大河ですが、来年の(「おんな城主 直虎」)は論外として、2018年が「西郷どん」と聞いて、がっかりしたのは私だけでしょうか。 また幕末なのは…

ベニー松山「隣り合わせの灰と青春 」 kindleで蘇った伝説のウィザードリィ小説

本日、ワンフェスことワンダーフェスティバル2016[夏]に行く予定です。 初ワンフェス、初幕張メッセ。 実のところ、ガレージキットの世界には、とんと疎く、ワンフェスに特別欲しいもの、見たいものがあるわけではないので、どちらかというと、子供の頃、…

東野圭吾「容疑者Xの献身」 最初から犯人がわかっている倒叙ものでありながら、最後まで真相がわからない本格ミステリ

話題のポケモンGOは、さっそくインストールして、少し遊んでいるんですが、Nexus5の処理能力だと結構いっぱいいっぱいみたいで、たちあげるたびに結構待たされるし、すぐに通信が途切れるしで、ちょっと日常的に遊ぶのは、きつそうです。 世界観がハードSF風…

ヒロ前田,清涼院流水「不思議の国のグプタ―飛行機は、今日も遅れる」 世界で唯一のTOEIC小説がここに

まだ入力速度は遅いのですが、だいぶ、かな入力にも慣れてきました。 ただ、業務に支障が出ないように仕事では相変わらずローマ字入力でやっておりますので、時々混乱します。 かな入力に慣れるためにはたくさん文章を書くのが一番ですので、ブログの更新を…

黒柳徹子「窓ぎわのトットちゃん」 高野秀行「放っておいても明日は来る― 就職しないで生きる9つの方法」 森達也「職業欄はエスパー」

なにげに5連勝中のセレッソ大阪なのですが、ここ数試合は相手が下位チームばかりでしたので、本当に強くなったのかどうかイマイチ確信が持てない今日このごろです。 こんにちは。 しかし今日は、首位コンサドーレ札幌との頂上決戦。 天王山です。 勝てば(札…

久島弘「ぼくは都会のロビンソン―ある「ビンボー主義者」の生活術」、山崎寿人「年収100万円の豊かな節約生活術 」

テレビでモハメド・アリの追悼番組として、「猪木対アリ」の試合をやっていたので、見ないわけにはいかないような気がして、なかば義務感から見たのですが、思った以上に知らなかったことや、気づきが多かったので面白かったです。 モハメド・アリはもちろん…

アルファ碁の衝撃  もし世界が百人の村だったら 今、通勤中に読んでいる本

苗字が「川上」だからというだけで、「オッペケペー」というアダ名をつけた同級生のセンスに惜しみない拍手をしたいです。 こんばんわ。 川上音二郎の「オッペケペー節」って、日本史の教科書で登場して、試験に全然出ないのに、語呂が良いから、妙に頭に残…

高野秀行「アヘン王国潜入記」 還暦週刊新潮

久しぶり。 別に最近、キヨハラくんが捕まったから、というわけでもないのですが、 今日読み終わった本は、アヘン関係。

2015年に読んだ本(漫画を除く)を振り返る

年末振り返り企画、今回は2015年に読んだ本(漫画を除く)です。

古事記でシンクロニティ

昨日、この本(ムック)を、読み終わったんですよ。 古事記神話を旅する (洋泉社MOOK) 出版社/メーカー: 洋泉社 発売日: 2013/10/03 メディア: ムック この商品を含むブログを見る 2013年10月発売とあるんですが、発売してすぐに買ったはずなので、そのまま2…

早川書房がkindle本の出血大サービスをしています 12/3まで(ポイント還元は11/30まで?)

みんな落ち着け。 早川書房がkindle本の出血大サービスをしています。 12/3まで(ポイント還元は11/30まで?)。 www.amazon.co.jp 国内作家のみという点に注意が必要ですが、半額の上、さらに20%ポイント還元(こちらは11月末まで?)という、ちょっと常軌…

最近読んだ本 紙の本編2 「あひる道楽改」を更新

今日のセレッソ大阪は、ツエーゲン金沢相手に3-0で敗れました。 私は前半だけ見て1-0で負けていたので、「あーこれは、負けか、良くて引き分けで終了のパターンだな」と思って昼寝してしまったのですが、起きたら後半さらに2失点していて笑いました。 あー見…

最近読んだ本 紙の本編

そういえば最近、読んだ本(主に活字の本)についてほとんど書いていなかったので、久しぶりに振り返ってみます。 最近はあきらかに電子書籍の方がたくさん読んでいるのですが、今回は紙の本で読んだもの限定で。 少年H(上) (講談社文庫) 作者: 妹尾河童 出…

セガシューズ 山田風太郎「八犬傳」

東京の今朝の地震は久しぶりに地震らしい地震でしたね。 東北の地震を経験していない私にとっては、「大地震」といえば阪神淡路大震災で、それが未明の地震だったこともあって、朝、寝ている時に起こされるものというイメージが強く、だから今回は、「こいつ…

最近読んだ本、読んでる本、買った本

昨日のセレッソ大阪は、ホームでツエーゲン金沢との対戦でした。 当たり前のように勝つだろうと思っていたらなんと0-2の敗北……。 ま、まだ5位だから(震え声) J2魔境は他会場でも派手な試合がいっぱいあったようで、毎週とても楽しいです。 リーグのレベル…