読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマ「ダウントン・アビー3」 第3話「天国と地獄」

実は、ういろうが結構好きなのですが、主要コンビニで置いているのは、私の知る限り、ミニストップしかないんですよね。

ようかんではだめなんです。ういろうがいいんです。

その一点だけで、ミニストップはこの世に存在する意義があると思います。

こんばんわ。

ドラマ「ダウントン・アビー3」 第3話「天国と地獄」

「天国と地獄」なんてタイトルがついているのに、序盤は地味な展開でなんか退屈だなあと思ったら……。

そういうことか!

相変わらずこの物語は、イーディスに対して容赦無いなw

ひどすぎて笑うしかない。

結果的に、ここでもバイオレットばあさんの思惑通りになってしまい、

バイオレット最強説がまた証明されてしまった。

そして、今シーズンの開幕と同時にぶちまけられたダウントン・アビーの経済危機は、わずか3話であっさり解決しそうな情勢になってしまって、こちらは拍子抜け。

ラビニアさんが天使すぎてつらい。

そう、本当にいい人はダウントン・アビーでは生き残れないのである。

てっきりこれが今シーズン最大のテーマだと思っていたので、これで片付いてしまうのはちと意外だ。

もっと、この問題で一悶着あっても良かったんじゃないのかな?

それとも、もう一回どんでん返しがあるのかな?

ありそう。

そして今週もトーマスVSオブライエンの戦いはヒートアップ。

静かな口調でトーマスに宣戦布告するオブライエンさんが熱すぎる!

今シーズンは今のところ、この二人の対決が一番注目だな。

今週は全体的にちょっとおとなしかったけれど、デイジーもモールズリーさんもびびりまくるオブライエンさんの怪演のおかげで、満足度は上々でした。

なんでもありの鬼脚本だけに、ヒューズさんが無事だったのには、カーソンさんだけでなく、私もほっとしております。

つまりはそういうことだ。