読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私が使っている無印kindleにオススメのカバーを紹介

日常

今日は私が使っている無印kindleにオススメのカバーを紹介。

買ったのはもちろんAmazon

 

 

商品名を見てもらえばわかるように、PaperWhite専用なので、無印kindleにかぶせると、きつきつで、下部の端子の差し込み部分は穴が少しずれます(笑)

でもいいんです。

980円ですから。

kindleは、文字メインで使うなら無印で充分なのですが、ただ困ったことにこの無印はコスト削減のためか、本体に使われている素材がプラスチックでして、このプラスチック筐体がつるっつるで、手に持って読んでいると、すべるすべる。

私は外で通勤中に使っているのですが、買って1ヶ月で2回も地面に落としてヒヤリとしたことがあったので、これはこのままではまずい、と思いまして。

そこで、滑り止めのためにケースを着ける必要に迫られたのですが、よくある画面カバー付きのものをつけて、「カバンから取り出して電源ボタンを押してさっと使う」という動作に、「カバーを開けて液晶を露出させる」という余計な1アクションが加わってしまうのは、しょっちゅう使うものだけにできれば避けたかったので、カバー無しで安いものを探してみると、意外に選択肢が少なくて、無印kindle用で良いのがなかったので、それではと、PaperWhite用で探して見つけたのがこれというわけ。

 

カバーを装着した写真がこちら。

 

f:id:junichiro241:20150822164630j:plain

正面。

無印はPaperWhiteより微妙に大きいので、カバーはちょっと無理やりのばして装着してます。

 

f:id:junichiro241:20150822164637j:plain

背面

 

f:id:junichiro241:20150822164724j:plain

下部

見ての通り、無印kindle用の商品ではないので、端子の穴とカバーの穴が合っていません。

そういうところを気にする人ならダメかも。

そして肝心の滑り止め効果ですが、これがもうばっちり。

見た目にこだわるなら、専用のもっと格好の良いカバーはいくらでもあるんですが、どうせ一番安いkindleですので、そこまでアクセサリーに高いお金を払ってこだわるのもバカバカしいじゃありませんか。

というわけで、このケース、オススメです。

後、これは別にどっちでもよかったんですが、このカバーをつけておけば、なにもない時よりも多少防水効果も期待できるので雨の日も気持ち安心ですよ。

つまりはそういうことだ。