読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ガールズ&パンツァー 劇場版」を見ました

ガールズ&パンツァー 劇場版」を見ました。

 


「ガールズ&パンツァー 劇場版」劇場特報 - YouTube

 

まだ公開したばかりなので、内容についてはふれませんが、ものすごく正しい劇場版だと思いました。

期待に十二分に応えてくれたし、とても面白かったのですが、感想を書こうと思うと、内容に関する疑問点や、もっとこうしたらよかったのに、という不満の箇条書きになってしまう困った映画で。

すごくいいところがいっぱいあるだけに、あの場面をわざわざ作ったんだから、あそこはもっとこうして欲しかったとか、元のアニメがあんなに良かったんだから、今回のあれはしないほうが良かったんじゃないか、いくらアニメとはいえ、ちょっと戦車で遊びすぎじゃないかとか、単独で見るとすごく良いシーンだけれど、全体のバランスを考えるとあれはいらなかったんじゃないかとか、そんなのがいっぱいあって。

今回の劇場版、最高に面白いのは間違いないんですが、例えばガールズアンドパンツァーのアニメを見たことがない人にも、見たほうが良いよとオススメできるような普遍的なものではなく、良くも悪くもファン向けの映画になっていて、残念ながらアニメ映画史に残るような傑作ではないというのも確かで。

まあ、美味しいものを2時間でギュウギュウに詰め込みすぎて、それでもいろいろ足りなくて、消化不良気味なんでしょうね。

見ているときは最高に楽しいけれど、後で振り返ると、あれあれあれ?ってなってしまうというか。

そこらへんに関しては、同じオールスターお祭り映画でも、アベンジャーズのシリーズの脚本はやっぱりすごかったんだなと再認識させられました。

なんか褒めてないように見えますが、褒めているつもりなんです、これでも。

そうそう、パンフレットがまた良くて、もう映画のパンフレットというより、アニメの内容もいっしょに収録してまとめたムックのような豪華本といった感じです。

この映画を見に来る人はほぼ間違いなく買っているだろうから、改めてお薦めするまでもないのでしょうが、このパンフレットは普段映画のパンフレットを買わない人でも、絶対買うべき一品ですね。

パンフレットを一通り読んだら、もう一回見たくなってきてしまいました。

まさか、一度見て、もう一度劇場に足を運びたくなるような映画が、マッドマックスに続いて今年もう一作、出てくるとは思いませんでした。

素晴らしい。

つまりはそういうことだ。