読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒロ前田,清涼院流水「不思議の国のグプタ―飛行機は、今日も遅れる」 世界で唯一のTOEIC小説がここに

日常

 まだ入力速度は遅いのですが、だいぶ、かな入力にも慣れてきました。

 ただ、業務に支障が出ないように仕事では相変わらずローマ字入力でやっておりますので、時々混乱します。

 かな入力に慣れるためにはたくさん文章を書くのが一番ですので、ブログの更新をかな入力の練習だと思ってがんばります。

 当然ながらブラインドタッチで打っているんですが、やればできるもんですね。

 かな入力とローマ字入力の両方を覚えるのって、指先と脳を酷使するので、なんだか認知症予防の訓練をしているみたいで、楽しいです。

 

ヒロ前田,清涼院流水「不思議の国のグプタ―飛行機は、今日も遅れる」 

DL特典付 不思議の国のグプタ―飛行機は、今日も遅れる

DL特典付 不思議の国のグプタ―飛行機は、今日も遅れる

 

 

 たぶん、世界で唯一のTOEIC小説。

 しかも著者はあのメフィスト賞作家の清涼院流水先生!

 まだ消えずに生き残っていただけでも驚きです。

 ちなみに共著者のヒロ前田さんというのは、TOEIC業界の有名な講師です。

 

 

 あらすじは、TOEICの試験の世界には「飛行機はいつも遅れる」「バザーの収益はチャリティーにまわされる」「タバコやアルコールは出てこない」「インドの都市が登場するときは、いつもムンバイだ」など知る人ぞ知る、TOEIC受験生にはお馴染みのお約束があるのだが、本書では、そんな世界に疑問を持ったTOEIC世界の住人、グプタ(ちなみにTOEIC世界のインド人は、たいてい「グプタ」か「シン」だそうだ)は、この謎を解き明かそうと思い立つ。

 やがてグプタは、この世界の秘密を知り、そのあまりにも意外な真実から衝撃を受けることになるのだった…。

 

 斬新なアイデア、大胆で魅力的な設定と謎、くそつまらない本編の小説と、脱力の真相、そして「寒い」を通り越してどう反応すればいいのかリアクションに困る「痛い」ギャグの数々など、何年たっても、TOEICをテーマにしてさえも、相変わらずいつもの「流水大説」で、清涼院流水は健在でした。

 清涼院流水ファンやTOEIC愛好家なら一読の価値ありです。