読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

J1昇格プレーオフ決勝前雑感

 今日はいよいよJ1昇格プレーオフの決勝戦。

 今年のJリーグを総括する一戦だ。

 この試合の結果が来年一年間を左右するのだから、試合の重要度で言うと、チャンピオンシップ()の比ではない。

 文字通り生きるか死ぬかの大一番だ。

 セレッソ大阪はホームゲームで、しかもリーグ戦で下位の相手に、引き分けでも勝利という圧倒的有利な条件なのだが、昨日のチャンピオンシップで、浦和は、全く同じ状況で負けちゃったわけで、決して楽観できないんだよなあ。

 鹿島アントラーズを見ていると、やはり勝者のメンタリティが備わっているチームとそうでないチームというのがあると言わざるをえない(そのわりに鹿島はACLではさっぱりだがw)。

 今年も露呈した浦和や川崎の伝統的な勝負弱さが、他人事に思えない。

 今日の勝負は、前試合、いつものように終了間際に追いつかれたセレッソと、終了間際に逆転勝利したファジアーノ岡山の戦い。

 これって…。

 いや、過去のことはどうでもいい。

 今日だ。

 今シーズン早々に怪我で離脱した柿谷、代表でばかり活躍する山口、今年も確変が終了した杉本ら出戻り組のうち、誰か一人ぐらいは、ゴールを決めて昇格をアシストするように。

 頼むわ…。