読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本日のセレッソ大阪は久しぶりの敗戦 マンガワールド 其の51 わんぱっくコミック伝説@ネイキッドロフト

本日のセレッソ大阪は久しぶりの敗戦

 DAZNで録画で見たのですが、現地へ行かなくてよかったw

 という試合でした。

 丸橋の実質オウンゴールみたいなアホ失点で1-0負けって。

 内容的に勝てたとは言わないまでも、全く負けていなかっただけに悔しさもひとしお。

 こういう膠着した試合は、個人技でなんとか打開してほしかったのですが…。

 キムジンヒョンのビックセーブ、山口蛍の宇宙開発ミドル、オフサイドにひっかかりまくる杉本健勇、危険なところでボールロストする丸橋、華麗なテクニックを披露してくれるものの、なかなか決定的なチャンスに結びつかない柿谷など、長年セレッソを応援していると既視感がありありで、監督が変わっても変わらない、まさに「ザ・セレッソ大阪」な試合でした。

 清武の最後のミドルが決まっていれば印象は全然違ったのですが、それが決まらないのもまた清武らしくて。

 もったいない敗戦でした。

 

マンガワールド 其の51 わんぱっくコミック伝説@ネイキッドロフト

 

80年代、ファミコンゲームを題材とした作品を多数ラインナップして、
当時の少年を夢中にさせた伝説の雑誌「わんぱっくコミック」
当時の編集長や、作家が集い誕生秘話や当時のエピソードを大いに語っ
ていただく同窓会イベントです。
発表の先生の他にも飛び入りゲストもあるかも!
ライブドローイングや抽選会、チャリティオークションも予定。
マンガファン、ファミコン世代、ぜひご参加ください。

【出演】
山下幸雄(初代編集長)
もりけん
かたおか徹治
リッキー谷内(マンガ家)
すずお泰樹(マンガ家)
しまざき真二(マンガ家)
野村宏平(ファミ魂ウルフ原作担当)
小池一郎(編集)

【司会進行】
IKKAN
みなみゆめ

マンガワールド 其の51 わんぱっくコミック伝説 – LOFT PROJECT SCHEDULE

 

 当時特に意識はしていなかったものの、ファミコン世代なので知らず知らずのうちに読んでいた作品がたくさん載っていた、伝説の(ようは廃刊した)漫画雑誌、わんぱっくコミックのイベントというレアなやつに行ってきました。

 

 3巻までしか持っていなかったのですが、今回、初めて(たぶん)4巻の幻の最終回を見ることができました。

 狼に育てられたウルフ少年。元ファミプロ(!)のおっさんが、彼の非凡なゲームの才能を見出し、彼をゲーム戦士に鍛え上げて、悪のゲーム組織と戦わせるという、「あしたのジョー」と「タイガーマスク」をあわせたような熱血ゲーム漫画だったはずです。

 今回、かたおか先生は、ゲームのことは全く知らなくて、ゲームの部分は原作の人に頼っていたという衝撃的な事実が初めて明かされました。

 まあ、漫画を読めば、そうだろうなあと想像できなくもないのですがw

 

リップルアイランド (わんぱくコミック)

リップルアイランド (わんぱくコミック)

 

 絵が好きだったので漫画は持っていたのですが、ゲームはいつかやろうと思っていたまま、結局やらずじまい。 思い出補正かもしれませんが、今見ても絵柄が古臭くなっていなくて、良いですね。

 もりけん先生はサン電子に就職して、そこで働きつつデビューしたサラリーマン漫画家だったそうです。

 確かに今日の参加者の中では、一人しゃべりが達者で世慣れた感じがありありでしたw

 

 みなづき由宇先生は新潟在住のため欠席でしたが、メッセージをいただいていて、会場で読んでもらいました。

 これも上下巻とも持っていました。

 漫画がおもしろかったので、これを読んで満足してしまって、ゲームは前編しかやっていないなw

 

  今回不参加、というか現在消息不明(!)の乱丸先生のゼルダの伝説

 持ってた、持ってた!

 これもわんぱっくコミックだったんだな。

 

  これも持ってたなあ。

 

 と、いい作品いっばいあったんですが、雑誌の売り上げはそこまで悪くなかったものの、単行本があまり売れなかったので、廃刊になってしまったそうです…。

 私はむしろ、雑誌の方はあまり読んだことがなくて、もっぱら単行本で知った作家さんばかりだったのですが、知らず知らずのうちに、わんぱっくコミックには、結構お世話になっていたんですね。

 とまあ、ただただ懐かしいイベントでございました。