読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タラ夫で、procreateの練習

 大阪ダービー、今日こそ勝てそうだったのに…。

 ヤンマースタジアムに客が入ると勝てない、杉本健勇が大事な場面で活躍すると勝てない。

 この二大ジンクスはどうにかならんもんでしょうか。

 こんにちは。 

タラオで、procreteの練習

 iPad Proでお絵かきシリーズ。

 弘法は筆を選ばず。

 私は弘法大師ではないので、より良い道具を探求します。

 Apple Pencilの描き味向上の為、ペンホルダーとノングレアタイプのザラザラ保護シートを購入(今までは見栄え重視でツルツルのグレアガラスフィルムだった)。

 

  

 

 

 もう、保護シート変えるだけで、描き味が別物。

 なんで最初っからこれにしなかったんだっていうぐらい、描きやすい。

 もともとApple Pencilがすごかったので、これが限界だと勝手に思い込んでいた。

 

 で、いい機会なので、Macの時からずっと使っていたメディバンペイントから、操作方法が独特なので敬遠していたprocreateというiPad専用アブリを試してみました。

 これがまた、すごく描きやすくて…。

 どちらもお絵かきアプリなのに、アプリによってこんなに描きやすさが違うとは思わなかったわ。

 機能的にメディバンペイントの方が優れている部分も多々あるのだけれど、こと純粋に描くだけだったら、一度procreate使ってしまうと、もうメディバンペイントに戻れないレベル。

 あらゆるOSで使えるのが強みのメディバンペイントと、iOSに特化して、機能や操作方法にクセのあるprocreate。

 とりあえずレイヤーを保持したままファイルの書き出しと移動はできるので、procreateで描いて、メディバンペイントで編集、っていうのが良さそう。

 

 で本日のテーマは

 

 2017年4月18日(火)~7月2日 (日)東京都美術館にても開催予定のバベルの塔展。

babel2017.jp

 前売り券は購入済みです。

 ブリューゲルも良いけれど、それ以上にヒエロニムス・ボスの絵が来るのって貴重なんで、楽しみです。

 

プロジェクトBABEL|ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展 BABEL 16世紀ネーデルラントの至宝 ―ボスを超えて―

 

 

 この公式キャラクターのタラ夫で、procreateの練習をしてみました。

 タラ夫君は、すね毛がキュートなフレンズなんだね!

 右上がお手本。左下が私の模写。

 私的には、すごく思ったような線が引けて感動しています。

 ここまでできたら、もう道具のせいにはできないw

 で、procreateの勉強も兼ねて、塗り機能をいろいろ練習。

 まず普通に塗り。

 ドット柄とか。

 油彩ブラシ。あんまり油彩らしさは感じませんが。

 

 格子柄。

 ヴィクトリアン模様。

 水彩ブラシ。確かに安物の水彩ペンで塗ったっぽい。

 

 こんな感じ。 

ツチノコを描いてみる

 最近、誕生日を迎え、とうとう不惑になってしまいました。

 

 まさか四十にもなって、けものフレンズのような動物アニメを見て、「すっごーい! たのしーい!」とかやっているとは、若い頃には夢にも思いませんでしたよ。

 ウソです。

 たぶん、いくつになっても、いつまでも、ゲームばっかりやってるおっさんになっているんだろうなと思っていました。

 予想に反して、ゲームはあまりしなくなりましたが、本質的にはだいたい想像通りの大人になっております。

 人生、惑わず!

 こんばんわ。

 

ツチノコを描いてみる

  というわけで、けものフレンズで人気のツチノコちゃんを描いてみました。

 今回はいったん、アナログで下書きを描いて、写真に撮ったのを、google drive経由でiPadのメディバンペイントに取り込んで仕上げてみました。

 

f:id:junichiro241:20170411224927j:plain

 元ネタは言わずもがなですよね?

 

 配色だけ、けものフレンズに寄せてみました。

 せっかく文明の利器を駆使しているので、メディバンペイントの素材の集中線トーンというのを使ってみました。

 相変わらず塗りが単調なので、そこらへん、もうすこしなんとかしたいところです。

 あとは線が汚いのがなあ…。

 どうすればいいんだろう。

 絵はすぐにうまくはならないけれど、ペン入れや、塗りはまだまだやり方次第でまだ伸びしろがありそうなので、精進します。

渡邉義浩監修「呉から明かされたもう一つの三国志」 「コミック それからの三国志」

 最近あまりしていない、本の話題でも。

 今読んでいる本

 梶原一騎原作の劇画を地で行くような、べらぼうにおもしろい格闘技ノンフィクション。 

 登場人物が超人たちばかりで、まるで漫画。

 まだ読み始めたばかりだが、今ある「柔道」の歴史の影で抹殺された古流柔術高専柔道の歴史など、格闘技漫画でおなじみのワードが次から次へと出てくるので楽しくて仕方ない。

 ノンフィクションとはいえ、基本、木村政彦寄りのスタンスで書かれているので、この本に書かれていることが全て正しく、今、世間に流通しているプロレス界や柔道界の「正史」が虚構だと言うと、言いすぎかもしれないが、こういう世界、こういう見方があったことが、埋もれてしまわずに残ったという意味で貴重な資料。

 結局、歴史って、勝ったものや、声の大きなものに都合の良いように編纂されたものが「正史」として流通するのであって、それは虚構ではないものの真実でもない、そういうあいまいな部分がどうしても残る、それ以上でもそれ以下でもないものなんだよな。

 

 というわけで三国志ですよ。

続きを読む