「中国抗日ドラマ読本: 意図せざる反日・愛国コメディ (中国ドラマ読本)」を購入 これは買いですw

 発売が決まったときから買おうと思っていた本が、Amazonで品切れになっていたので、わざわざ池袋のジュンク堂書店まで行って買ってきましたよ。

中国抗日ドラマ読本: 意図せざる反日・愛国コメディ (中国ドラマ読本)

中国抗日ドラマ読本: 意図せざる反日・愛国コメディ (中国ドラマ読本)

 

  ここ数年、中国の抗日ドラマが熱いらしい、というのはネットで知り、断片的に動画を見たりはしていたのですが、きちんとストーリーを追うに値するぐらいおもしろそうなドラマがどれなのかわからなくて手を出しかねていたので、こういう本が欲しかったんですよ。

 わざわざ大型書店へ行って、紙の本を買うなんて、コンピューター関連や資格試験の本を除けば、何ヶ月ぶりだろうかっていうレベルで久しぶりです。

 

f:id:junichiro241:20180512223359j:plain

 どこにあるのか備え付きの機械で検索したら、韓流の棚に置いてありました。

 釈然としません。

 実際に棚のところへ行ったら、一冊しか置いていませんでした。

 よかったw

 ちょっとだけ中身を紹介すると

f:id:junichiro241:20180512223551j:plain

 カラー写真が多くて、思った以上に内容もしっかりしていたので、大満足です。

 「抗日ドラマで覚える中国語講座」のコーナーもあり、発音はカタカナだけではなくて、きちんとピンインも振ってくれているので、中国語学習にも役に立ちます。

 

f:id:junichiro241:20180512223641j:plain

 「ワイヤーアクション満載の忍者部隊に期待していたら後半から女性に人気のドロドロ宮廷ドラマ」という抗日ドラマw

 

f:id:junichiro241:20180512231558j:plain

 「日中雑技団対決、日本軍の毒ガス戦に挑む大道芸人という無茶苦茶な脚本の抗日ドラマ」

 すごい!こちらの期待のハードルを軽々と越えてムチャクチャです。

 中国すごい!

 なんだろうこの圧倒的な敗北感は。

 見たい!

 

 というわけで、おそらく出版元の予想を越えて売れているこの本、Amazonでは新品は品切れで、古本にプレミアがついている状態ですので、気になっている人は、本屋で見つけたら迷わず買いですw

最近見た映画 「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」 「レディ・プレイヤー1」

 昔のカプコン格闘ゲーム、「マーヴルスーパーヒーローズ」で、私はメインキャラとして、シュマゴラスを使っていました。

 


MARVEL SUPER HEROES『シュマゴラス vs サノス』CPU LEVEL MAX

 

 そしてシュマゴラスだけだと操作が特殊すぎてスピーディーな展開を楽しめないので、サブキャラとして使っていたのが、当時日本では無名に近かったキャプテンアメリカ

 

www.youtube.com

 名前に「アメリカ」ってついているだけでも十分に頭悪そうなのに、あのクソダサいコスチューム。必殺技がこれまた「ファイナルジャスティス」とかいう馬鹿丸出しな技名。

 最高じゃないか!と思ったのを覚えています。

 もうあのゲームの登場から20年以上経ってるんですね。恐ろしい。

 ところでシュマゴラスは、いったいいつになったら映画に出てくるのでしょうか?

 おはようございます。

 

 

お題「最近見た映画」

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

 というわけで、今日はちょうどお題にも映画もありましたので、映画の話題です。

 

 昨日インフィニティウォーを観てきました。

 

 


「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」本予告

 

 もちろん、面白かったのは面白かったのですが、正直なところ、シヴィルウォーの方が良かったです。

 今回、マーブルスーパーヒーローズのラスボスのサノスが、ついにメインで出てきます。

 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の登場人物が仲間に加わったこともあり、舞台は宇宙となり、話のスケールが大きくなりすぎて、自分がこのシリーズの好きなポイントの一つである、スーパーヒーローが存在するという設定を、自分たちが生きている現実世界とどう溶け込ませるのか、彼らがスーパーヒーローとしての自分と一人の人間としての自分にどう折り合いをつけるのかといった葛藤が、あまりなかったのが残念というか、ちょっと自分的には違うなー、と感じました。

 シヴィルウォーで揉めに揉めたあれは、いったいなんだったんだw的な。

 

 敵が強すぎて、半数以上のヒーローがサポート役か、雑魚担当みたいになっているのもなんだかな、という感じですし。

 

 もともとガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の世界観が、それほど好きではなかったのに、今作は、どちらかというとそっち寄りになっていたというのも、いまいちのりきれなかった理由の一つにあるとは思います。

 

 そうはいっても、シリーズを重ねるごとに登場人物が増え続けて、そろそろ収集つかないぐらいになってきているなか、それぞれに見せ場を作りつつ、ちゃんと話を展開しているのですから、この職人芸っぷりは、あいかわらずすごいなあ、と関心する事しきりです。

 深刻になりすぎずに軽妙なギャグも随所に挟み、シリアスなところはシリアスに、盛り上げるところは盛り上げる、あたりのさじ加減も絶妙で。

 なんだかんだで、二時間半もの長丁場、まったく飽きさせなかった手際は全く見事としか言いようがありませんでした。

 ソーがちょっと、全編にわたっておいしすぎるけどな。

 しかし、こんな終わり方をされて、もやもやしたまま、また後一年待たされるというのは、なかなかしんどいものがあります。

 次回作こそ、シュマゴラスの出番はあるのでシュか?

 

レディ・プレイヤー1


映画『レディ・プレイヤー1』30秒予告(遺言編)【HD】2018年4月20日(金)公開

 

 すごく王道でした。

 やっぱりスピルバーグだなあ、という感じ。

 良くも悪くも。

 本作を皮肉な思いをしながら見ている自分と、ただひたすら素直に楽しんでいる自分とがいて、鑑賞中ずっと戦っていました。

 多分もっと若い頃見ていたら、この映画にはもっと色々文句を付けたくなったと思うんですけれど、今の自分は、こういうのが見たかった、こういう映画を作ってくれてありがとうという気持ちの方がどちらかというと大きいです。

 それでもあえて言うと、王道のエンタメですからこれが正しいし、こうじゃないとだめだということは理解しているのですが、バーチャルで主人公が惚れた女の子キャラが、リアルでも普通に美人で主人公好みの容姿というのは、ちょっとなー、と思ってしまいます。

 せっかくヴァーチャルリアリティの世界の話なんだから、実は男だったとか、リアルだと性格の合わない、すごく嫌な女だったとか、おばあさんだったとか、そういうのがないのに「ヴァーチャルよりも、現実のほうが素晴らしいし、大事だよ!」みたいなメッセージ込められてもなー、そらお前にとってはそうだろうよ、としか思えんのよ。

 最後まで現実が悲惨なままで、それでもそう言い切れるなら、メッセージとしての力強さや意味もあるでしょうけれど、最終的にリアルで成功した人間にそう言われても、そりゃお前の中ではそうでしょうよ、としか。

 

 それはともかく、この手のバーチャルリアリティものって、昔の「アバター」とか本邦では「サマーウォーズ」とか、割と定番ではあるんですけれど、今現在、数年前と比較にならないぐらい、バーチャルリアリティが現実味を増しているので、これら過去の作品よりもずっと主人公と自分の距離を寄せて、感情移入ができて、そこらへんは良かったですね。

 映画の中のVRメガネなんて、今売っているものとほとんど変わらないし、VR世界内の映像や世界観、その中でできることが、今の技術だと普通にこのぐらいできそう、できるかも?ぐらいになっていますもんね。

  このストーリーだったら、別に実在のキャラクターとかネタとか使わなくても、十分成立するんじゃないの?と一瞬思ったのですが、もともと原作があるみたいですし、この作品の場合、ストーリーはおまけで、こういう映像を見る側も期待して映画を見に来るというのが本当のところでしょうから、これで何の問題もないというか、むしろ、これで正しいんでしょうね。

私のゴールデンウィーク クリスティ原作のドラマを2本見ました

私のゴールデンウィーク

 今年のゴールデンウィーク、私は、なんと平日の5/1と5/2も仕事が休みで、九連休です。

 こんなの初めて。

 うひょ。

 世の中にそういうゴールデンウィークが存在するという噂を聞いたことはありましたが、都市伝説だと思っていました。

 とはいえ、1日、2日が休みになると知ったのがつい数日前だったので、5/3~5/5まで実家の大阪に帰る予定をすでに立ててしまい、連休が分断されてしまい、いまいち九連休をいかしきれてはいないのですが、まあそれは贅沢な話でしょう。

 そういうわけで、今日は連休の三日目。

 この三日間、なにをしていたのかというと、時間のある時にするべきことや、本来もっと前にしておかなければいけなかったことなど、自分にとってのタスクをひたすら潰していました。

 外出もしてはいるのですが、必要なものを買いに行くための移動ばかりで、どこかに遊びに行っているわけではありません。

 各種買い物の他、部屋の片付け、普段しない場所の掃除、毛布などの大物の洗濯、実家の用事のための事前準備、PCの各種データの整理、去年の年末から溜まりに溜まっていた録画の消化、図書館で借りている本の読書、散髪、などなど。

 お金を稼いでいないだけで、感覚的には仕事に近いようなことをさぼらずひたすらやっていたので、楽しんでいるとか、満喫しているとか、のんびりしているとかではないのですが、ずっと頭の隅に残って気になっていたことがどんどん片付いていくので、妙に充実感はあります。

 三日間そんなことばかりして過ごして、明日、ようやく遊びに出かける予定です。

 

クリスティ原作のドラマを2本見ました

 連休中の録画消化の一環として、先日、三谷幸喜のドラマ「黒井戸殺し」を見て面白かったのもあり、この勢いで、同じくクリスティ原作のドラマで録画してあったものを2本見ました。

 

 パディントン発4時50分

 実は原作は未読。

 

パディントン発4時50分 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

パディントン発4時50分 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

 

 

 本は持っていたんだけど、いつか読もうと思ったまま結局読まずじまいで気にはなっていたんですよね…。

 なんかすげー低レベルで唖然としました。

 走っている電車はSLで、お屋敷の電話は黒電話、でもみんなスマホを持っていてビデオ通話でがんがん話している…。

 舞台を日本に移すにせよ、時代設定はもうちょっとこう、考えてほしかったなあ。

 他にもそれはちょっと無理があるんじゃない?みたいなののオンパレード。

 どう考えても一番怪しい人が、不自然に誰からも疑われなくて、実はそいつが意外な真犯人でした!ってそれはない。

 クリスティがこんなひどい話、書くとは思えないんだけどなあ。

 この作品自体、そんなにマイナーってわけではないはずだし。

 逆に原作を読みたくなってしまいました。

 そうそう、元AKBのあっちゃんが出ていました。なんかそれだけが印象に残っちゃったな。

 

 大女優殺人事件

 原作は「鏡は横にひび割れて」

 

鏡は横にひび割れて (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

鏡は横にひび割れて (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

 

 

 なんでせっかく良い題名なのに、こんなダサい題に改変しちゃうかな。だいたい、死んだのは大女優のほうじゃないだろ。

 こっちはちょうど比較的最近読んでいました。

 結構好きな作品です。

 この作品、真相である病気がキーになるんですが、ドラマではこの病気と、その病気にかかった結果が改変されていました。

 もしも、原作そのままでやっちゃうと、変なところから噛みつかれるかもしれないと、配慮したんだとしたら、世知辛いなあ。

 で、内容ですが、原作をうまく日本を舞台に移していて、なかなか良くできていました。

 原作の肝心なエッセンスは、ちゃんと抑えてられていたと思います。

 最後にスタッフロールを見ると、脚本が長坂秀佳。「弟切草」の人ですね。さすが。

 

 このドラマ2作品、両方に共通のだめなところがあります。

 原作はどちらもミス・マープルものなのですが、どちらも探偵役が改変されて探偵役が老婆ではなく、「パディントン~」は天海祐希、「大女優殺人事件」は最近ドラマ化された「そして~」の時の探偵役だった沢村一樹になっているんですよね。

 それ、一番改変したらだめなところじゃないのか?

 普通、探偵役になることがなかなかないおばあちゃんが、冴えた推理をするところが、おもしろいわけで、日本化するなら、このミス・マープルという個性的な探偵のキャラクターを、どう作り込むかっていうのにチャレンジしないなら、この原作を使う意味がどこにある?って思ってしまいます。

 

 「そして~」も含めて、最近、立て続けにクリスティの原作がドラマ化されているのですが、ひょっとして、クリスティがまたブームになっているのかな?

 それならミステリではないけれど、「春にして君を離れ」を日本風にしたドラマとか映画とか、見てみたいな。

春にして君を離れ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

春にして君を離れ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

 

  結構、作り方次第で面白くなると思うんだけれどなあ。