「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密」見ました

 去年の年末から,わりと頻繁に,映画館で話題作を中心に映画を観ている。

 どれもこれもおもしろく,スター・ウォーズ以外,だいたい当たりだったので,いろいろ感想を書いてみたいという思いもないではない。

 しかし,話題作過ぎてネットに感想や考察が溢れかえっているのを見てしまうと,それとたいして違う感想をもったわけでもない自分がわざわざ書いたりするのもなー,となってしまうので,それらはもう少し時間をおいて,気が向いたら書くかもしれない。

 

 で,今日は,そこまではメジャーでもなさそうな「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密」を見たので,それについて。

 


映画『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』 予告編

 

 正統派本格ミステリ映画です。

 以上。

 アガサ・クリスティの原作で舞台を現代に移した,っていわれたら,そのまま信じてしまいそうになるぐらい,ベッタベタにクラシックな話。

 人里離れた洋館で起こる事件。

 警察に協力する名探偵(しかも警察は名探偵に頼る頼る)。

 莫大な遺産を残して自殺する富豪の老人。

 遺言状の内容を聞かされて取り乱す一族(遺言状,最高!)

 容疑者は金持ち一族と使用人。

 よくこんなシチュエーションで2020年に,クリスティ原作でもないオリジナルを作ろうと思ったな,最高か。

 

 もうね,ベタすぎて,なまじっか過去にいろいろミステリを見ていると,余計に真相がわからなくなってくるんよ。

 

 ちなみに,主人公の看護師の女の子は嘘をつくと嘔吐してしまうという,ご都合主義的奇病の持ち主。

 ってことは,これ,作り手側は,明らかに観客にフェアにミステリ勝負を挑んできているってことなんだよね。

 主人公が嘘をついているかどうかっていう情報は,作り手の都合次第でうまく隠すことができる要素なのに,わざわざこの映画では,その手を使いませんよって宣言しているわけだから。

 

 (以下,できるだけネタバレしないように内容に触れる)

 自殺したおじいちゃん,推理小説作家っていう設定だから,全部このおじいちゃんが仕組んだ茶番の可能性…ありそう!

 シリーズものでない作品の名探偵は,そもそも本当に名探偵かどうかを疑うのはこの手の作品の鉄則!

 雰囲気だけの無能かもしれないし,実はすべてを仕組んだ犯人って言うのもよくある!でも本当に名探偵だった場合も考えておかないといけないし…。

 いかにも怪しそうな一家の鼻つまみ者のゴロツキ。こいつ怪しすぎ!だから逆に犯人じゃない!?と見せかけて犯人っていうパターンか!?

 おおっと!?まだ始まってそれほどたっていないのに,もう真相を明かしちゃう?あっそうか,結局,映像化しやすい犯人視点からの倒叙ものにシフトするわけね。うんうん,それでもいいよ。

 みたいなところまでで半分ぐらいかな。

 もちろん,このままで素直に終わるわけもなく,予期せぬアクシデントや謎の脅迫者も現れつつ,飽きさせず,最後に見事な着地を決めてくれて,大満足。

 映像化が難しい本格ミステリを高いレベルでしっかり仕上げ,その上,今流行りのアメリカの格差問題や移民問題をまぶして,社会派っぽく肉付けして,ただの娯楽じゃありませんよという目配りまで欠かさない職人技。

 恐れ入りました。

 

 牛丼を食べたくなったから,牛丼屋に行ったら,ちゃんと美味しい牛丼が出てきて満足といったらいいのかな。そういう映画なんで,牛丼を食べたい人は迷わずGo!

メガドラミニを買った。

 

メガドラミニを買った。

 

 ゲーム機を買うなんて20年ぶりぐらい。

 といっても私の場合,セガマニアだから買ったというのではなく,むしろ逆で,当時のメガドライブは,面白そうなのはあるけれど,買いたいと思うまでいかないゲームが多く,やったことがなくて気になっているゲームがたくさんあったので欲しくなったという次第。

 (それでも本当にやりたかったゲーム数本は,ソフトだけを買って,本体を友達に借りて遊んだ)

 モニタにHDMIケーブル,コンセントに電源ケーブルを挿すだけで簡単に動いて,ちょっと感動。

 さっそくメガドラミニに収録されているソフトの7割ぐらいをさわりだけざっと遊んでみての感想だが,やはり当時,メガドライブではなく,PCエンジンを選んだ自分や,周囲のキッズたちの判断はやむを得ないよなあと再認識した。

 これに収録されているソフトって,メガドライブの中でも選びに選びぬかれたソフトのはずなのに,スト2とか,ロックマンとか,魂斗羅とか,ドラキュラとか,みたいなメガドラのイメージの薄いゲームが少なからず含まれていて,そりゃあ確かにゲーム自体はよくできていたのかもしれないけれど,別にメガドラミニに収録しなくてもいいんじゃあ…。

 メガドラってそこまでラインナップ苦しかったのか。

 どっちかっていうと,獣王記やおそ松くん,ソード・オブ・ソダンみたいな,ゲーム自体はあれかもしれないけれど,メガドラでしか遊べない,メガドライブのイメージを体現するようなゲームを入れたほうがらしくてよかったのに。

 あるいは,メガCDの作品を収録してくれたら,もっと評価が上がったのに。

 大魔界村ぐらいになると,メガドライブの名物移植,っていうイメージがあるから,全然OKなんだけど,他の先にあげたようなSFCPCエンジンでも遊べる,むしろそっちで遊んでいる人のほうが多いようなゲームはいらんかったなあ。

 と,いきなりネガティブな第一印象だが,まあ,値段を考えれば,どれか一本でも楽しめれば十分もとはとれるから,じっくり楽しもうと思う。

 さて,なにからやろうかな。

 

今年一年を雑にふりかえる

 気がつけば,大晦日

 というわけで,2019年を振り返ってみたい。

 

1月 

 アジアカップがあった。

 この大会で森保無能疑惑が。

 見た映画Fate/stay night[Heavens Feel]第二章」

 元ネタを知らないので,普通に次はどうなるのか,楽しみ。過去の同名アニメ作品と比べて,作画のレベルの上がり方が半端ないので,それを見るのも楽しみ。

 

2月

 引っ越しの準備を始める。  

 湯島囲碁喫茶のイベントに参加。 

 19路盤で打つようになってから,初めて物理の碁石と碁盤で打つ。

yushimaigo.com

 

3月

 部屋の便座が壊れる。

 足つぼマッサージを初体験。単純に痛かった。たぶんもう二度としないと思う。

 見た映画キャプテン・マーベル」「スターリンの葬送狂想曲」「スパイダーバース」

 キャプテン・マーベルは字幕で見たのだが,アベンジャーズの竹中長官が出てくると前もって知っていたなら,吹き替えで見たのに。

 スターリンのやつは期待しすぎた反動で評価は今ひとつ。帰ってきたヒトラーの方がそこらへんの塩梅がうまかったな。

 スパイダーバースは前半つまらなくて,やばいなこれ,と思っていたのだが,後半から一気におもしろくなってよかった。アメコミで日本の女子高生をこんなにかわいく描けるのは衝撃だった。

 今月で東京を離れることになったので,送別会をいろいろと。

 引っ越しの日の直前,洗濯機を取り外す際に,水道管が破裂。どう考えても部屋の経年劣化だが,修理費は全額負担するはめに。

 月末,引っ越し。

 

4月

 大阪の実家に引っ越し。

 ゴミ屋敷と化していた実家で,人の住める状態のスペースを確保するのに,ほぼ1ヶ月かかった。ものの多さと汚さのダブルパンチで苦労した。

 見た映画麻雀放浪記2020」「アベンジャーズ エンドゲーム」

 麻雀放浪記2020は,もっとどうしようもなくつまらない,ひどい映画を想像していたが,案外楽しめた。特に終盤の,坊や哲とドサ健と出目徳の共闘の胸熱展開は最高だった。この場面だけでこの映画を観たかいがあったというもの。

 エンドゲームは,ちゃんと満足させてくれて,よかったよかったという感じ。長い長いシリーズがやっと終わってホッとした。

 

5月

 仕事で夜勤が始まる。

 大阪ダービー観戦のため万博公園へ行く。太陽の塔の内部や,民博で昔のおもちゃの特別展を見ることができたのは良かったが,肝心のダービーは最悪の結果に。

 

6月

 佐賀県遠征。アウェイ鳥栖戦観戦と,ゾンビランドサガの聖地巡礼の贅沢プラン。

 駅前不動産スタジアムはサッカー専用スタジアムなので,行く価値あり。

 見た映画「ガールズアンドパンツァー最終章2話」

 1話で正直,がっかりの気持ちが少なからずあったのだが,2話で一気にテンションが上った。しかし,これ,完結する頃に自分は還暦とかになってそうな悪寒。

 コパ・アメリカ,意外と善戦しただけに,グループリーグ突破ならなかったのが残念。

 女子ワールドカップ,審判の判定の不運もあって,ベスト16。オランダは勝てた相手だっただけに残念。女子は次の東京オリンピックが正念場だな。

 

7月

 なんばパークスシネマにてゾンビランドサガLIVE~フランシュシュみんなでおらぼう!~in SAGA」ライブビューイングを見る。

 アイドルのライブは見たことがないが,こんな感じなのかという雰囲気はわかった。しかし,座って静かに鑑賞したかったので,正直,立って応援観戦している人が邪魔だった。応援なしの普通の上演もしてくれたらいいのに。

 その他見た映画スパイダーマン ファーフロムホーム」

 あいかわらず安定のおもしろさ。すっかり騙されてしまったよ。

 ゴジラ キングオブモンスターズ」

 久しぶりに映画館で熟睡できた映画。

 あべのハルカス美術館にて「ギュスターヴ・モロー展」鑑賞。どちらかというと勉強のために見ておくか,ぐらいの感じ。

 

8月

 見た映画ドラゴンクエスト ユアストーリー」。ネットの評判通りのクソ映画。監督のしょうもないエゴを出したいなら,オリジナルストーリーで勝負すればいいのに,原作のストーリーにそのまま乗っかって台無しにしていてたちが悪い映画。

 しかし,同監督のアルキメデスの大戦」は面白かったから,わからんもんだ。

 長居の大阪市立自然史博物館にて「昆虫展」を見る。

 東京へ遠征して,東京国立博物館にて「三国志展」を見る。

 まあ,これまで日本で三国志展が皆無だったのがわかるぐらい,見どころに乏しいというのがものすごく正直な感想だったが,横山光輝先生の原画やグッズがあるだけで満足してしまえるので,これでいいいのだ。

 ついでにコミケ3日目もかるく見学。 仕事の関係でこの月から滋賀県の日野市に2ヶ月ほど出張。

 ど田舎での生活を体験。

 仕事は楽だったが,地方での生活はきつかった…。

 

9月 

 国立国際美術館にて「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」鑑賞。

 クルムトはなかなか見られないから,行けるときにいっとかないとねえ。

 大阪ダービーヤンマースタジアムにて大勝。リーグ戦では本当に久しぶりの勝利。

 

10月

 大塚美術館へ。 

 5時間鑑賞のツアーに参加したが,5時間では足りないぐらいの規模。

 せっかく関西に戻ったので,一度は行っておきたかったのだが,その価値があった。

 見た映画「ジョーカー」

 いい映画だと思うけど,これ,バットマンを無理に絡ませなくてもいいんじゃないの?どう考えてもバットマンに出てくるジョーカーってこんな人じゃないよね?

 この月からまた新しい職場へ。1年で3回も職場が変わるなんて,初めてだ。

 

11月

 見た映画「Thunderbolt Fantasy 西幽げん歌」

 人形がより日本のアニメキャラ寄りになったような気がする。相変わらず期待を裏切らない。この映像体験はちょっと他では味わえない。

 心斎橋のことりカフェに行く。

 OTCで開催されていた「大阪アートアンドてづくりバザール」へ行く。

 ノエビアスタジアム神戸までイニエスタとビジャとポドルスキを見に行く。3人まとめて見られてラッキー。ここで負けちゃうのがセレッソらしい。

 

12月

 見た映画ターミネーター ニューフェイト」「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」

 ターミネーターはいつもと同じ程度に面白かった。別に3も4もジェネシスもそんなに悪くないと思っているので,本作がとりわけ良いとも逆に思わなかったかな。

 スター・ウォーズはひどかった。全シリーズで一番つまらない可能性もあり得るんじゃいかな?

 

 というわけで,駆け足でふりかえって,疲れたのでこのぐらいで。

 映画は,ライブビューイングも含めて,今年見た映画はたぶん16作。

 ベストは「Thunderbolt Fantasy 西幽げん歌」で次点が「ガールズアンドパンツァー最終章2話」でした。まあエンドゲームも面白かったけどね。特別賞として「麻雀放浪記2020」は同名小説や小説をもとにした映画が好きな人なら,キワモノとして楽しめると思う。

 それでは皆様,良いお年を。

 来年はもう少し更新がんばります。