アルゼンチン対オーストラリア 日本対クロアチアの予想

 早起きは苦にならないので、毎朝4時開始の試合だけ見ています。

 今回、グループステージの波乱が多く、面白いんですが、原因は、開催時期の関係で、シーズン中のヨーロッパでやっている、レベルの高い選手のコンディションが良くない場合が多いとか、弱小国のレベルの底上げとか、ITの発達で、お互いの分析技術の精度が半端なく上がったからだとかいろいろあるんでしょうけれど、なかでも交代可能選手が従来の3人から5人に増えたのが、大きいんではないでしょうか。

 試合中にメンバーが5人も変われば、短時間で守備組織をきれいに切り替えることは、強豪でも難しいでしょうし、疲労の有無は、少々の実力差を凌駕して、良くも悪くも状況が大きく変わらざるを得ないですからね。

 後はVAR導入のおかげで、これまで強豪がなんとなく優遇されがちだったジャッジが、より公平に近づいているのも遠因としてあるような気がします。

 

アルゼンチン対オーストラリア

 今朝はアルゼンチン対オーストラリア。

 アルゼンチン、勝ちはしたものの物足りないな。実力を発揮してもこの程度なのか?

 相手はアジア予選すら勝ち抜けなかったオーストラリアなのに。

 それともここから更にギアを上げていくのでしょうか?このままだとブラジルはおろか、普通に手堅いオランダにすら勝てそうに思えません。

 今回のアルゼンチンは、メッシ依存ではなくて強いと言われていたわりに、結局毎試合、メッシのでき次第みたいないつものアルゼンチンですし、不安しかありません。

 次の試合で真価が問われそうです。

 

日本対クロアチアの予想

 

 0-1でクロアチアの勝利。

 

 世間的に、ドイツ、スペインに勝ったんだからクロアチアぐらいいけるだろう、みたいな雰囲気をなんとなく感じていますが、どちらかというと、コスタリカ戦の方が本来の日本代表の実力に近いので、順当に行けばクロアチアになにもさせてもらえずに負けるんじゃないかと思います。ドイツ戦はともかく、絶対に勝たないといけないシチュエーションの日本と、よほどのことがない限り、負けても大丈夫の状態で臨んだスペインとの戦いは、あくまで参考記録かと。

 クロアチアは守備が強いチームですし、決勝トーナメントならなおさら守備重視で来る可能性が強いと思います。

 相手が前がかりに攻めてくれるなら、強敵相手にも結構やれるけれど、守備を固められたチームには、なにもできないのがアジア予選から一貫して変わらない森保ジャパンですから。

 

 ケイスケホンダの解説でブラジル戦とか、めちゃくちゃ熱いので、絶対見たいから、もちろん勝ってほしいんですけれどね。

 

 しかし24時スタートは、事前に仮眠をとるにしろ、頑張って起きるにしろ、中途半端で結構きつそうです。

コスタリカ戦雑感 Amazon ブラックフライデー 2022で買ったもの

コスタリカ戦雑感

 日本対コスタリカ戦、これぞまさに我々が4年間見せ続けられてきた、「This is 森保Japan」でしたね。

 引いた相手に策もなく、手も足も出ないなら、大迫呼んでおけよとか、柴崎をここで使わないのなら、なんで呼んだんだ?とか、いろいろありすぎて、この試合で活躍できなかったりミスしたりした選手を責める気があまりしません。

 ドイツ戦では、戦術も選手交代も、ズバリズバリ。あまりに采配がキレッキレ過ぎたので、森保監督は、「敵を欺くにはまず味方から」とばかりに、アジアカップや最終予選はあえて、その才気の片鱗すら見せず、ワールドカップのために無能監督を演じ続けてきたのか!?と衝撃を受けたのですが、考えすぎだったようです。いや、ひょっとしたらスペイン戦で、もう一度、本気を出して我々に歓喜を与えてくれるのかもしれませんが…。

 

Amazon ブラックフライデー 2022で買ったもの

 個人の生活に密着したものばかりなので、あまり参考にならないと思うのですが、紹介します。

 

 セールでいいものを見つけた、というより、いつか買おうと思ってほしいものリストに入れていたものがこのタイミングで安くなったのでポチったという感じです。

 

 今年、自宅のキッチンの排水管が水漏れして、キッチンマットもダメージを受けたので、買い替えを。

 柄なしなのが良かったのと、低反発の快適さにほのかな期待もあって、これを選びました。

 

 今使っている2MのLANケーブルでも普通に使えて問題なかったのですが、あともう少し線が長ければ、ルーターを奥の方にしまえて、スペースができそうなので、ちょっと贅沢ですが、買い直しました。ずっと使うし、めったに買い替えるものでもないので、ちょっと割高でもちゃんとしたやつを買っておこうと思いこちらを。

 

 今や松屋牛めしは並でも380円。ちょっと上になにかのっているやつを頼むと簡単に500円コースになってしまうので、昔ほど気軽に行けなくなってしまいました。

 松屋で500円以上払うなら、ちょっと我慢して家でなんか作ろう、みたいに考えてしまって。

 そういうわけで、一時は本当に毎日通っていた松屋の牛丼を長らく食べていなかったので、無性に食べたくなり、今回のセールをわたりの船とばかりにポチり。

 

 今年ももうすぐ一年が終わりますが、このままだと、一年間、1万円以上するデジタルガジェットを何も買わないまま年を越すという、自分にとっては何年ぶりだというぐらい、珍しい年になりそうです。

 メガドラミニ2が買えていたら、それが唯一になったはずですが、買えなかったしな。

今日買った本 FIFAワールドカップカタール2022の予想

今日買った本

 久しぶりにリアル書店にて紙の本を買う。

 清盛も、頼朝も、後白河法皇も出てこない、承久の乱以後の鎌倉幕府オンリー歴史雑誌なんて今後発売されることがあるのだろうか、というぐらいレアなので購入。「鎌倉殿の13人」は偉大だ。

 雑誌全般に言えることだが、こういう図表の多い本は、特に電子書籍より紙だな。

 

 中身を読みたいというよりも、このマテリアルを自分の所有物にしたいという欲を刺激する一品。ある意味、部屋に飾るオブジェなので、これも電子書籍じゃあだめなんだよな。

 

 「最終確定版」というのがポイント。この手の雑誌、たまに正式メンバー発表前に出版して、本番いない選手が載っているとかいうありえない本があるので注意が必要。

 

 試合を見ながら、なんとなく、パラパラとあっちこっち気のおもむくまま流し見する本なので、これも紙が必須。

 

 正直、あんまり自分の中でワールドカップが盛り上がっていなかったのだが、こういう本を買ってパラパラ見て、ようやくその気になってきた。

 

 今回のカタールは、メッシ、クリロナネイマールあたりがラストの可能性が高いのが最大の見どころかな。逆に、今回、ニューヒーローがたくさん出ないと、今後のサッカー界が厳しそう。

 

FIFAワールドカップカタール2022の予想

 というわけで、日本代表と、優勝、準優勝の予想です。

 知らぬ間に、予知能力を身につけちゃったのかな?と自分が怖くなるぐらい、今回は結果が見えました。

 

 日本のグループリーグ予想

日本 ドイツ戦  :1-2
日本 コスタリカ戦:0-0
日本 スペイン戦 :1-3

 日本はグループリーグ敗退。

 
 ドイツ戦は先制して、いけるやん!と盛り上がりつつ逆転負けで意気消沈。


 勝利が最低条件となったコスタリカ戦は、後がないので必死に戦うも、コスタリカの守りも固く、スコアレスドローでお通夜。


 もう勝つしかないスペイン戦、先制して、わずかな望みをつなぐが、目覚めたスペインの逆襲に玉砕。

 

 日本の2得点は、月並みで申し訳ないが、三笘薫と伊東純也が1点ずつ。

 

 優勝国予想

優勝    :アルゼンチン
準優勝:ポルトガル


 ついでにスコアはアルゼンチン ポルトガル 3-2で、得点者は、メッシ3点、クリロナ2点。

 
 これ以上のワールドカップ決勝とか、考えられますか?他の組み合わせでこれ以上に盛り上がる決勝を想像するのは、私には無理です。

 

 もし実現すれば、ワールドカップ決勝翌日に巨大隕石が地球に落ちて、これが地球最後のサッカーの試合になっても、人類はあきらめがつくのではないでしょうか?