来る

  一見、全然更新していないように見えるこのブログですが、月1の更新は、なんとか死守しています。継続が大事。

 私も、昔から見ているブログが、更新止まってしまったなーと思ったら、数年に一回、ぽろっと更新されて、うれしかったりするし、何気ない日常が、年月とともに、更新されていくのが個人サイトの醍醐味ですからね。

 

ヒルが来る

 自分へのご褒美で購入。

www.felissimo.co.jp


f:id:junichiro241:20200828101731j:image

 存在感のある大きさなので、部屋のどこにおいても映えます。

 素材もなかなか凝っていて、クチバシは固めでクタッとならないし、身体はもちもちした触感で気持ちいい。

 ポーチとしては容量が小さすぎてまるで役にたちませんが、写真より実物のほうがもっとかわいいので、満足度の非常に高い一品です。

 

全録が来る

  先月、言っていたように、nasneが壊れたので、思い切って、全録生活始めました。

 

junichiro241.hatenablog.com

 

 買った機種はこちら(購入はアマゾンではなく、カカクコムの最安店舗で買いましたが)。

  合わせて、HDの4TBも購入。こちらはAmazonから。

  このレコーダーとHDD4TBの組み合わせで、6チャンネル(私の場合、「家、ついて行ってイイですか?」を見るために、テレビ大阪は必須だったので、一番おもしろくなさそうなフジテレビを外しました)を、1ヶ月~2ヶ月弱ぐらい、24時間、全録できます(私は画質を最低レベルで録画しているのですが、それでも、アナログテレビの頃の画質を知っていれば、それや、一昔前のyoutubeよりは全然きれいなので、問題ないです)。

 

 値段は両方合わせて、ざっと65,000円ぐらい。

 昔、初めて買ったDVDレコーダーは、当時は上位機種にしか搭載していなかった2番組録画可能な同じパナソニック製のディーガで、値段が65,000円ぐらいだったと記憶しているのですが、同じ金額を出して、一ヶ月全録。レコーダーも安くなったものだと思います。

 全録なんて、出た当初は、よほどの金持ちか、収入を趣味に全振りするのにためらいのない、イッちゃった人しか買えないような代物でしたからね。

 

 で、全録を初めて使ってみた感想ですが、想像以上にすごいです。

 テレビの概念が変わるレベル。

 要するに、Youtubeのような動画サイトや、アマゾンプライム、U-Nextなど見放題の配信サービスに、もうひとつ、「TV」というサービスが加わったような感じ。

 昔はテレビが王様で、視聴者はテレビ様の都合に合わせて時間をやりくりしているイメージだったのが、ビデオやDVDレコーダーなど録画機の進化に伴って、視聴者の立場が強くなり、テレビと視聴者の関係がだんだん対等に近づいていった感があるのですが、この全録で、立場が逆転、こちらが王様で、テレビが召使いのようになってしまいました。

 気が向いたときに、テレビが用意してくれた番組1ヶ月分を、適当に物色して、見たい部分だけつまみ食いする、みたいなズボラな視聴ができるようになりました。

 いくら今のテレビがつまらないといっても、平均的なコンテンツの質で言えば、Youtubeよりも、ずっと上ですから、時間泥棒感が半端ないです。

 おかげで録画のために番組表をチェックするという習慣もなくなり、いつでも見れるという意識が仇になり、今まで以上にテレビをみなくなってしまったという面も正直あるのですが…。

 

 全録、迷っているなら、導入する価値、ありです。

 

映画「来る」

 アマゾンプライムに入っていた映画「来る」がすごく良かった。

 


映画『来る』「どやさイッキ見」編

 

 自分の「好き」が全てここに詰まっているようなすばらしい映画でした。

 荒唐無稽なストーリーと、現実のリアル以上にリアリティのある日常描写の両方が、絶妙に絡み合っているのが良くて。

 どこもかしこも見どころだらけで、いろいろ最高なんですが、特に終盤の「お祓いフェス」の場面が白眉で、そのシーンだけあとから何度も見直しました。

 「来るよ」のあのセリフの瞬間の張り詰めた緊張感、大好き。

 何度見てもゾクッとします。

 映画館で見なかったのが、今更ながら悔やまれます。

 たぶん、今年の個人的ベストはこれで確定かと。

nasneが壊れた

 定額給付金はまだ届いておりません。

 大阪市です。

 すでに10万円は、リビングとキッチンのクロス張替えに消えました。

 こんにちは。

 

nasneが壊れた

 定額給付金を使い切ったこのタイミングで壊れるか、こいつ。

 

 でもちょうど去年、nasneの生産が終了して、nasne終わった感があり、今月7月にnasneで録画するときに利用していたCHAN-TORU テレビ王国っていうサービスも終了して、困ったなあと思っていたところなので、絶妙といえば絶妙のタイミング。

 ソニータイマーとかいう懐かしい用語が頭をよぎりましたよ。

 で、自分のレコーダー履歴を家計簿から調べてみると、

 2008年 2月 パナソニックのディーガ購入(2番組同時録画機能あり)。

 2014年 3月 nasne購入(ネットワーク機能でPCやiPadなどからでも視聴可能、ただし、チューナーは1機の為、2番組録画はできず)

 と6年周期で買い替えていて、今が2020年7月なので、ちょうど6年。

 そう考えると、まあ、納得するしかないかな。

 レコーダーも今はエントリー機なら大分安くなっているんだけれど、当時のW録機能付きのディーガを買った値段で、今なら全録機が買えてしまうということがわかったので、これをチャンスと無理やり考えて、思い切って、全録生活しちゃおうかな、と考え中。

 

 録画が消えて、残念だったこと。

 ドラマ「M  愛すべき人がいて」の6話と7話をまだ見ていなかった(わざわざabemaに加入してまで見たいというほどの情熱はなし)。

 許さなーい。

 

 他は、今なら、金さえ払えば、ほとんど配信で見られるからそこまで痛くないかな。

 

 そんなところ。

 

 今年は、いろいろ買いたいものがあるから、ここで大きめの臨時出費は痛いなあ。

不要なシンナーを固めて処分した話

 人間、誰しも長く生きていれば、塗料やシンナーを大量に処分しなければいけないというシチュエーションが一度や二度、あると思うのですが、そんな時どうすればいいのか、迷わなくて済むように、ここに記しておきます。

 

 そもそも、シンナーなんてどうやって処分するんだろう?

 さすがに水道に捨てるのはまずいだろうし、地面に直に流すのも、土壌汚染が半端なさそうで、ちょっと怖い。

 てんぷら油の固めるテンプルみたいにできないのかな?とネットで調べたら、…。

 

 ありました。

残塗料処理剤 30G

残塗料処理剤 30G

  • メディア: Tools & Hardware
 

 アフェリエイトリンクを張ったから、みんなここから購入して、どんどんおうちのシンナーを処理するといいよ。

 

 裏面。

f:id:junichiro241:20200602122249j:plain

 

 ちょうどいい具合の壺がうちにあったので、そこにシンナーをジョボジョボ。

 残塗料処理剤を数袋ドバドバ。

 水をジャーっといれて、混ぜます。

f:id:junichiro241:20200602121227j:plain

 壺の中の液体を棒でかき混ぜていると、気分は秘薬を作る森の魔法使い。


f:id:junichiro241:20200602121338j:plain

 中央から徐々にゼリー状の固体が現われてきました。

 

f:id:junichiro241:20200602121540j:plain

 さらにまぜると、全体がゼリー状に。

 

f:id:junichiro241:20200602122226j:plain

 新聞紙の上に移して、天日干し。乾くとおから状になります。

 

 乾燥したら、あとは新聞紙にでもつつんで、袋に入れて、燃えるゴミとしてポイ。

 

 これで、今後、処分に困る溶剤を急に捨てなければいけないという状況に遭遇しても、安心です。