「ウマ娘」を見たり、「イップ・マン 継承」を見たり。

今週のお題「おうち時間2021」

 

 緊急事態宣言により各施設が閉鎖される予定の前日に、長居植物園へ行ってリフレッシュして以降は、おとなしく家に引きこもっております。

f:id:junichiro241:20210505202039j:plain

ウマ娘」を見た。


 見れば面白いだろうとは思っていたけど、リアルタイム視聴のタイミングを逃して、なかなか手を出しかねていて、アプリが盛り上がっている今しかないと思い、一気見。

 スタッフがたぶん自分と近い年代なんだろうなあというのが、馬のチョイスやギャグのネタなどの端々に感じられて、そういう意味でもすごく見やすい作品でした。

 まあ、面白いに決まってるわな、とは思っていたのですが、シーズン1は想定内の面白さ、シーズン2は想定以上でした。

 シーズン1を見た後、思ったのは、「艦これ」のアニメがやるべきだったことを、これ以上にないほど上手にやったなあということです。
 「艦これ」も、これぐらいうまくやっていれば、アニメやその他メディアミックスの展開寿命ももっと伸びただろうにという。

 シーズン1の主人公、スペシャルウィークは、アニメ「艦これ」の主人公の吹雪とよく似ていて、主人公らしいっちゃあ、らしいキャラクターなんだろうけれど、私はこういう天然キャラ、好きじゃないので、感情移入できず、「ほほう、こう来たか、なるほどなるほど、うまいこと作るなあ」みたいにキャラではなくて、作りの上手さを楽しんでいました。
 シーズン1は、競馬の知識ゼロだと、普通に楽しめはしても、そこまですごく面白いアニメでもないな、ぐらいの感想でした。

 なぜか唯一関西弁キャラの、タマモクロスがかわいかったので、もっと出番を増やしてほしかったかな。

 

 ところが、シーズン2は、すごかった。
 同じ作品のはずなのに、クオリティが別物というか。こっちは本当に傑作。
 競馬の知識ゼロの人でも、たぶん、ぜんぜん面白いんじゃないかっていうぐらい、面白かった。
 キャラクターの魅力がシーズン1と比較にならない。
 元ネタの差なのか、スタッフが慣れてきたからなのかわからないが、各キャラがいちいち良くて、感情移入しまくりでした。
 ライスシャワーとか、よく史実からこういう風に話を作るよなあって、脱帽です。

 クールと言うか、冷たくて朴念仁な感じだったミホノブルボンが、だんだん魅力的に見えてくるあたり、すごいよなあ。
 競馬に全然思い入れの無い私ですら、中盤以降、毎話、涙なしでは見れませんでしたよ。

 特に最終回、先の展開なんてわかりきっているのに、何度見てもクライマックスでグッと来る、あそこの演出とか神がかっているよなあ。


「イップ・マン 継承」を見た。

 一昨日に見た、「イップ・マン 葉問」(原題通り素直に「イップ・マン2」としてくればよいのに、変なタイトルの付け方をするから、パッと見て何作目かわかりにくくて閉口した)に続いて視聴。

 

 3作目だし、ターミネーターランボーのごとく、そろそろマンネリの凡作になるのかな?とあまり期待せずに見たのだが、すごく面白くて意外だったので、びっくりした。
 マイク・タイソンが出てくるっていう時点で冗談みたいなのに、そのマイク・タイソンがなかなかいいんだよな。

 ドラマとアクションのバランスも、今までで一番良い。


 1作目、2作目が外国人の私の目には、ちょっと愛国ポルノっぽくて、鼻白む部分がないでもなかったのだけど、今回は、素直に話にノッていけた。

 

 もしこういう話を現代の香港でやろうとしたら、1作めの日本人、2作目、3作目のイギリス人的ポジションは、中共なんだろうし、中国(大陸)以外の人には痛快な作品になること間違いなしなんだけど、そんな作品、間違いなく作られないだろうなあ、とか思いました。

 

 同じカンフー映画でも、主人公が違うと、ブルース・リージャッキー・チェンともまた全然違うものができるんだから、面白いですね。かっこよさにも、色んな種類があるというか。

イップ・マン 継承(字幕版)

イップ・マン 継承(字幕版)

  • 発売日: 2017/08/19
  • メディア: Prime Video
 

映画「ギャラクシー・クエスト」を見た。

 最近、こういうニュースがあって、

 

www.nikkansports.com

 

 その影響で、無性に、個人的オールタイム・ベスト映画の一つ、「ギャラクシー・クエスト」を見たくなった。

 配信を探したら、ちょうどU-Nextに入っていたので、視聴。

ギャラクシー★クエスト [Blu-ray]

ギャラクシー★クエスト [Blu-ray]

  • 発売日: 2019/09/19
  • メディア: Blu-ray
 

  確か、昔見たときは、VHSのレンタルだったと思うので、今の環境で見たら、映像が鮮明すぎて、最初ちょっと戸惑った。

 見たのが大昔なので、ほとんど忘れているかな、と思いきや、細部を含め、思った以上に覚えていたので、自分の記憶をなぞって再確認するような感じになった。

 たぶん、この映画が、全部が名シーンといっても良いぐらい、いちいち自分の好きなポイントを押さえているからだろう。

 私は、おそらく元ネタであろう「スター・トレック」を、TVシリーズも映画も、一つも見たことがないのだが、それでも、何がどうパロディになっているのか、余裕で想像できてしまう。そこらへんも、すごくよくできている。

 中でも、艦長が宇宙から、ファンの少年に助けを呼びかけて、少年が興奮するシーンとか、トカゲヘッドの俳優が、彼のファンだった宇宙人が死ぬ間際になって、それまで言うのが嫌で嫌でしょうがなかった決め台詞を口にするところとか、特にたまらん。

 昔の英雄が落ちぶれているところから話が始まって、復活するっていうパターンが自分のツボなんだろうなあ。「仮面の男」とかも大好物だし。

 というわけで、最高に楽しい時間を過ごせました。

 

 誰か、倉田てつをさんを主人公にして、日本版ギャラクシー・クエストのような仮面ライダー外伝を作れば、絶対面白いと思うんだけど、だめかなあ。

近況 最近買った本 いろいろ

 とうとう月1更新すらできなくなってしまって、このブログも、そろそろ賞味期限切れなのかなという思いが強くなってきた今日このごろです。

 

 こんにちは。

 

最近買った本

 書きたいことは、いくらでもあるのですが、ありすぎて逆にうかつに書き出せないというか。

 2月の一ヶ月、仕事で忙しすぎて、何もできなかった時期があったせいで、いろんな習慣がいったん途切れて、その反動で、3月は、いろいろ物欲が湧いて、買い物しまくっていました。

 

 とりあえず、紙の本を買うことは、めずらしいので、それを紹介しようかと。

 こんなに更新が途絶えていると、当然のことながら、アフェリエイトの入金も長らくありませんので、あわよくば、ちょっと小銭を稼げやしないか、という助平心もないではないです。はい。

 

 飛田早紀「思考がわかって強くなる! 飛田早紀の囲碁実況」

思考がわかって強くなる! 飛田早紀の囲碁実況 (囲碁人ブックス)

思考がわかって強くなる! 飛田早紀の囲碁実況 (囲碁人ブックス)

  • 作者:飛田早紀
  • 発売日: 2021/03/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

  Youtubeを見ています。

 本が出て、お布施するなら今しかないと思い購入。

www.youtube.com

 おそらく、このサイトを見ている人で、囲碁に興味のある人はまずいないだろうから、オススメしても詮無いことなのだと思うのですが、面白いです。

 ちなみに私の囲碁の実力は、ヘボです。

 (今どきのYoutuberは、みんなそうですが)、編集も上手で、普通にテレビ番組見ているのと変わらない感覚で見ることができます。

 NHK囲碁講座は、局地的な解説しかなく、一局全体を通しての打ち方の参考にはならない。

 NHK杯のプロ棋士同士の対局は、最低一時間以上あるので、長すぎて、気軽に見られない上に、対局のレベルが高すぎて、難しい。

 それに比べて、この番組では、棋士本人が実際に素人を相手に、実践でどういう意図を持って打ったのかを、自身が打ちながら解説してくれるので、すごくわかりやすい。

 時間も長すぎず、短すぎず。だいたい20分ぐらいなので、夕食の際に更新されていたら、ご飯のお供で見ています。

 本はまだコラムしか読んでいないのですが、Youtubeの番組内の対局と連動しているみたいなので、自分で盤に石を並べなくていいのも、嬉しい。

 私もこの番組のおかげで、なぜ動画配信で、ゲーム実況というジャンルが盛況なのか、よくわかりました。

 

 ランドル ギャレット 「魔術師を探せ! 〔新訳版〕」

  本屋で偶然、見つけた本。

 まさか令和の時代に、ランドルギャレットの新刊と出会えるなんて、思いませんでした。

 やっぱりたまには本屋に行かないといけないね。

 海外ミステリファンなら知っていても不思議ではないという意味では、マニアックと言うほどでもないけれど、ジャンルとして体系的にミステリを読まない人なら、まあ知らんわな、っていうぐらいにはマイナーなこの作家。

 私も昔、この人の別の作品を、読みたいと思ったけれど、絶版で古本屋でも見つけられず、ミステリマニアの人に譲っていただいて読んだので、ちょっと思い入れのある作家さんだったりします。

 それがこの作品。

  今見たら、アマゾンで10,000円の値段がついていますねw

 どうせこの本もすぐに絶版になるんだろうなあ……。

 どちらも同じシリーズ物で、プランタジネット朝が現代まで続き、科学的魔法技術や魔術師が存在する世界の中で展開する本格ミステリです。

 もうそれだけで、おもしろそうでしょ?

 もちろん、魔法がなんでもありなら、ミステリになりようがないので、魔法を使えるのは限られた魔術師だけ、その魔法も万能ではなく、いろいろな制限がついているので、その枠内で、あり得る解決を考えるわけです。


田中 芳樹「新・水滸後伝

新・水滸後伝(上) (講談社文庫)

新・水滸後伝(上) (講談社文庫)

  • 作者:田中 芳樹
  • 発売日: 2021/03/12
  • メディア: 文庫
 
新・水滸後伝(下) (講談社文庫)

新・水滸後伝(下) (講談社文庫)

  • 作者:田中 芳樹
  • 発売日: 2021/03/12
  • メディア: 文庫
 

  これも本屋で実物を見るまで、存在すら知らなかった本。

 ちょうど去年の11月から見始めた中国ドラマ「水滸伝」が、今年の1月にようやく見終わったところだったので、この文庫が3月に発売されて、自分の目に触れるということに、運命すら感じてしまいましたよ。

junichiro241.hatenablog.com

 

 「水滸後伝」なんてマイナーな作品、そもそも面白ければ日本人の作家が、もっとたくさん書いているはずなので、面白いはずがないんですよね。

 そして、田中芳樹のようなメジャーな作家が書いているのに、私がこれまで全く知らなかったってことは、まあ、評判になるほど面白くなかったんだろうなあと容易に想像がつくわけで。

 しかし、出版不況の中、今買わないと、あっという間に絶版になりそうなので、後で読みたくなって後悔したくなかったのと、田中芳樹の名前があるとはいえ、こんな売れなさそうな水滸伝関連本をがんばって出してくれたんだから、水滸伝の火を消さないために、自分が買い支えないとという謎の義務感も手伝って、思い切って買っちゃいました。

 地雷を全力で踏み抜く覚悟で買ったんですが、今ちょっとだけさわりを読んでみた感じ、意外と面白いです。

 「三国志演義」に例えると、劉備の死後、廖化王平が躍動し、魏延馬謖レベルの人材をメインに据えざるを得ないという華のなさが、逆にこれはこれで味わい深くなってくる、という侘び寂びに近い面白さを感じます。

 「源氏物語」の宇治十帖とかでもいいんですが。


福井 憲彦「教養としての「フランス史」の読み方」

教養としての「フランス史」の読み方

教養としての「フランス史」の読み方

  • 作者:福井 憲彦
  • 発売日: 2019/09/26
  • メディア: 単行本
 

  図書館で全部読んだんですが、おもしろかったので、自分用に購入。

 世界史全般とか、ローマ帝国とかを、わかりやすく概説する本は多いんですが、ヨーロッパ史をもうちょっと詳しく、だからといって、専門的すぎずというさじ加減のフランス史本は、フランス革命あたりだけならそれなりにあるんですが、まるっとフランス一国、過去から現在まで一冊で丁度いいのが、あんまりなかったので、自分的にはかなり嬉しい一冊でした。

 

 おかげで、自分の中でプチフランスブームが起こり、その勢いでこちらも購入。どちらも新学期の始まる直前の3月ですので、2021年最新版です。

最新世界史図説タペストリー 十九訂版

最新世界史図説タペストリー 十九訂版

  • 発売日: 2021/03/16
  • メディア: 大型本
 
世界史年表・地図(2021年版)

世界史年表・地図(2021年版)

  • 発売日: 2021/02/22
  • メディア: 単行本
 

  この内容でこの値段ってもう、コスパ良すぎというか、もうタダみたいなもんです。

 特にタペストリーの方は、多分私が学生の頃はなかったと思うんですが、これ単体で読み物としても成立するぐらい面白いです。

 ちなみに世界史年表では2020年、ディエゴ・マラドーナの死去まで載っていました。

 

 そんなところ。

 軽く買った本を紹介するだけで、こんなにいろいろ書くつもりはなかったのに、書き出すと、止まらなくなってまとまった時間を使ってしまうから、なかなか気軽にブログを更新できないんだよなあ。