ウィンストン・ブラック「中世ヨーロッパ ファクトとフィクション」

  先月、近所のツタヤでコミックレンタル定額(月1,100円で一回5冊まで)という破格のサービスを見つけまして、今、これまでの人生で一番マンガを読んでいます。

 

 レンタルの棚を眺めてみて感じたのは、異世界転生ものを含む、いわゆるファンタジーもの漫画の隆盛。
 
 そのツタヤのコミックレンタルコーナーでは、異世界転生ジャンルのコーナーが、棚まるまる一個分あるんですよ。

 

 もはや現代の日本人にとって、時代劇の世界の「エセ江戸時代」よりも、ゲームや漫画の世界の「エセ中世ヨーロッパ」の方が、身近で親近感を感じるようになってしまったんでしょうね。

 

 というわけで、最近読んだ面白かった本の紹介など。

 

ウィンストン・ブラック「中世ヨーロッパ ファクトとフィクション」

 

 中世ヨーロッパのステレオタイプについて、以下のテーマごとにファクトチェックしている本です。
 各章ごとに「人々が起きたと思っていること」、「一般に流布した物語」、「一次史料」、「実際に起きたこと」、「一次史料」の順番で構成されています。

 

第1章 中世は暗黒時代だった
第2章 中世の人々は地球は平らだと思っていた
第3章 農民は風呂に入ったことがなく、腐った肉を食べていた
第4章 人々は紀元千年を恐れていた
第5章 中世の戦争は馬に乗った騎士が戦っていた
第6章 中世の教会は科学を抑圧していた
第7章 一二一二年、何千人もの子どもたちが十字軍遠征に出立し、そして死んだ
第8章 ヨハンナという名の女教皇がいた
第9章 中世の医学は迷信にすぎなかった
第10章 中世の人々は魔女を信じ、火あぶりにした
第11章 ペスト医師のマスクと「バラのまわりを輪になって」は黒死病から生まれた

 

 ざっくり言って、後世の人の考える中世のネガティブイメージの少なからぬ部分は、対立するプロテスタントや、近世の啓蒙主義者たちが、過去の権威の象徴だったカトリックのイメージダウンのため、特定の事象を、(悪い方に)誇張したり、過度に一般化して、そのまま定着してしまった、というパターンが多いようです。

 

 話をわかりやすくするために、極端に単純化したり、現在の自分たちの正当化のために、対立していた過去の敵のことを歪曲して悪く書くというのは、古今東西、よくあることですからね。

 

 「中世」が厳密に何年から何年までと決まっているわけではないのをいいことに、ヨーロッパ史のネガティブな事象をなんでもかんでも(近世にまたがって観測されるできごとも)、「中世」のイメージに押し付けているという側面もあるようです。


 他にもこの本を読んで、いろいろ目からウロコな話がありました。例えば第8章の女教皇
 タロットカードに「女教皇」があるぐらいだから、当然実在したのだろうとなんとなく思っていました。
 でも、よくよく考えてみると、それが誰だったのか知らないし、世界史の本を読んで、これまで女性の教皇の記述なんて見たことないなあと思っていたら、架空の存在だったんですね。
 
 一次史料がそのまま載せられているので、全部ちゃんと読むのは大変ですが、「人々が起きたと思っていること」と「一般に流布した物語」と「実際に起きたこと」だけ読んで、史料類は興味のあるところだけ飛ばし読みすれば、それほど難解な部分もなく、スムーズに読み切ることができます。

 

 私も中世のヨーロッパと言えば、暗黒時代で、イスラムや中国なんかと比べるべくもない後進地域、ぐらいのイメージでとらえていたので、この本を読んでいろいろ認識を改めることができました。

 安能務「春秋戦国志」読了

f:id:junichiro241:20210604093509j:plain

中国で生活したことがある人ならおなじみ、定番の黒酢「鎮江香酢」を、最近近所にできた中華食材店で購入。
 ついに君に再会できたね。ずっと探していたんだよ。

 おめでとう。上海で飲んだ、いつもの味。僕にとって新鮮味がないことが、成功の証だと思う。

 中華食材特有のクセがありますので、万人にすすめるつもりはありませんが、ラーメンでも餃子でも、炒めものでも、中華料理っぽいものなら何に入れても良しの万能調味料です。

 

 安能務「春秋戦国志」読了

 ついに読了。

 

 これを買ったのがいつだか覚えていないけれど、たぶん高校生か大学生のころだと思うので、20年越しの積読をとうとう消化しました。

 なんとなく、当時、古本で一冊200円か、三冊まとめて700円ぐらいで買ったような気がします。

 どうしてもっと早くこれを読んでおかなかったのか、と後悔してしまうぐらい、面白かったです。

 

 なぜ長年積読になっていたかというと、

  • 全3巻というボリュームから気軽に手を出しにくかった。
  • しかも文字が小さい。今なら電子版もあるから、今読むなら絶対電子書籍がおすすめ。電子書籍のメリットって、置き場所のことばかりがクローズアップされがちだけど、文字の大きさや行間等を調整できるのは、かなり大きなメリットだと思う。最近の本では少ないかもしれないけれど、昔は、文字が小さすぎたり、ページあたりの空白が少なすぎてページが真っ黒だったり、フォントが汚くて文字そのものが読みづらかったりする本が結構あったので。岩波とか岩波とか岩波とか。
  • 読んだことがある同じ作者の「封神演義」がつまらなかった、文章が読みづらくて読んでいて苦痛だった、という記憶があった。

 

 あたりの理由があったんですね。

 

 で、今回も、読みはじめの序盤は、結構この作者特有の悪い意味でのクセ、みたいな読みにくさとか、回りくどい話の持っていきかたとかに、苦労させられたのですが、序章のようなものが終わって、本編に入ると、それも緩和されて、スムーズに読みすすめることができて、そこからは一気でした。

 書名が「春秋戦国志」となっていますが、中国にそんな名前の本があるわけではなく、作者も明かしているように、種本は清代の「東周列国志」で、その安能務アレンジの小説となります。

 残念ながら「東周列国志」自体、日本でメジャーな訳本や日本人作家によって小説化されたものがないので、春秋戦国時代を一作の小説で概観したいとなると、ほぼこれ一択になってしまうのではないかというぐらい、貴重な本です(たぶん)。

 

 そこらへんの時代を知りたい人なら、まず読むであろう、「史記」や「戦国策」だと、個々の人物やエピソードはわかるんですけれど、それらに出てくる登場人物同士の時間的、空間的なつながりっていうのが、いまいちわかりにくいんですよね。

 

 たとえば、三国志諸葛孔明が、古の管仲楽毅を自身になぞらえた、というのは有名な話ですが、ではこの二人の活躍した地域や時代が、どの程度重なっているのか、離れているのか、あるいは、彼が劉表の長男に語って聞かせた晋の文公(張耳)と、管仲楽毅は、時代的にからみがあったのか、全然別時代の人なのか、みたいな横断的な感覚がなかなか身につかず、長い間、春秋戦国時代が「わかるけど、わからない」状態がずっと続いていました。

 それが、この本のおかげでようやく「なんとなくわかった」気になれました。

 良くも悪くも作者自身の歴史観が、作中にたびたび強く顔を覗かせるので、この本だけで春秋戦国時代をわかった気になるのは危険かもしれませんが、一つの基準を作る一冊として、実に良い本だと思います。

 

 当時は宮城谷昌光もまだ出てきていないか、出始めだったかぐらいだったこともあり、春秋戦国時代のエンタメ本とか、本当になかったんですが、ありがたいことに、「キングダム」という大ヒット漫画の影響で、一昔前では考えられないぐらい、最近、春秋戦国(特に戦国)時代の関連書籍が増えました。

 各国のパワーバランスも目まぐるしく変わり、諸子百家が活躍する、文武ともに中国史で一番面白いといっても過言ではない(もっといえば、キングダムの時代は、始まった時点ですでに秦の一人勝ちで大勢が決しているので、それよりもっと前のほうが本当はおもしろい)、魅力的な時代ですので、三国志項羽と劉邦あたりを履修した人の次の一冊には、特にオススメです。

「ウマ娘」を見たり、「イップ・マン 継承」を見たり。

今週のお題「おうち時間2021」

 

 緊急事態宣言により各施設が閉鎖される予定の前日に、長居植物園へ行ってリフレッシュして以降は、おとなしく家に引きこもっております。

f:id:junichiro241:20210505202039j:plain

ウマ娘」を見た。


 見れば面白いだろうとは思っていたけど、リアルタイム視聴のタイミングを逃して、なかなか手を出しかねていて、アプリが盛り上がっている今しかないと思い、一気見。

 スタッフがたぶん自分と近い年代なんだろうなあというのが、馬のチョイスやギャグのネタなどの端々に感じられて、そういう意味でもすごく見やすい作品でした。

 まあ、面白いに決まってるわな、とは思っていたのですが、シーズン1は想定内の面白さ、シーズン2は想定以上でした。

 シーズン1を見た後、思ったのは、「艦これ」のアニメがやるべきだったことを、これ以上にないほど上手にやったなあということです。
 「艦これ」も、これぐらいうまくやっていれば、アニメやその他メディアミックスの展開寿命ももっと伸びただろうにという。

 シーズン1の主人公、スペシャルウィークは、アニメ「艦これ」の主人公の吹雪とよく似ていて、主人公らしいっちゃあ、らしいキャラクターなんだろうけれど、私はこういう天然キャラ、好きじゃないので、感情移入できず、「ほほう、こう来たか、なるほどなるほど、うまいこと作るなあ」みたいにキャラではなくて、作りの上手さを楽しんでいました。
 シーズン1は、競馬の知識ゼロだと、普通に楽しめはしても、そこまですごく面白いアニメでもないな、ぐらいの感想でした。

 なぜか唯一関西弁キャラの、タマモクロスがかわいかったので、もっと出番を増やしてほしかったかな。

 

 ところが、シーズン2は、すごかった。
 同じ作品のはずなのに、クオリティが別物というか。こっちは本当に傑作。
 競馬の知識ゼロの人でも、たぶん、ぜんぜん面白いんじゃないかっていうぐらい、面白かった。
 キャラクターの魅力がシーズン1と比較にならない。
 元ネタの差なのか、スタッフが慣れてきたからなのかわからないが、各キャラがいちいち良くて、感情移入しまくりでした。
 ライスシャワーとか、よく史実からこういう風に話を作るよなあって、脱帽です。

 クールと言うか、冷たくて朴念仁な感じだったミホノブルボンが、だんだん魅力的に見えてくるあたり、すごいよなあ。
 競馬に全然思い入れの無い私ですら、中盤以降、毎話、涙なしでは見れませんでしたよ。

 特に最終回、先の展開なんてわかりきっているのに、何度見てもクライマックスでグッと来る、あそこの演出とか神がかっているよなあ。


「イップ・マン 継承」を見た。

 一昨日に見た、「イップ・マン 葉問」(原題通り素直に「イップ・マン2」としてくればよいのに、変なタイトルの付け方をするから、パッと見て何作目かわかりにくくて閉口した)に続いて視聴。

 

 3作目だし、ターミネーターランボーのごとく、そろそろマンネリの凡作になるのかな?とあまり期待せずに見たのだが、すごく面白くて意外だったので、びっくりした。
 マイク・タイソンが出てくるっていう時点で冗談みたいなのに、そのマイク・タイソンがなかなかいいんだよな。

 ドラマとアクションのバランスも、今までで一番良い。


 1作目、2作目が外国人の私の目には、ちょっと愛国ポルノっぽくて、鼻白む部分がないでもなかったのだけど、今回は、素直に話にノッていけた。

 

 もしこういう話を現代の香港でやろうとしたら、1作めの日本人、2作目、3作目のイギリス人的ポジションは、中共なんだろうし、中国(大陸)以外の人には痛快な作品になること間違いなしなんだけど、そんな作品、間違いなく作られないだろうなあ、とか思いました。

 

 同じカンフー映画でも、主人公が違うと、ブルース・リージャッキー・チェンともまた全然違うものができるんだから、面白いですね。かっこよさにも、色んな種類があるというか。

イップ・マン 継承(字幕版)

イップ・マン 継承(字幕版)

  • 発売日: 2017/08/19
  • メディア: Prime Video