読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

D1だじゃれグランプリ(GP)滋賀大会 角川のkindle本セール 米原万里「嘘つきマーニャの真っ赤な真実」

ネットでmicroSDカードを買ったつもりが、普通のSDカードを買ってしまったことに、品物が届いてから気づいて、テンションだだ下がりの一日でした。

こんばんは、みなさんいかがおすごしでしょうか。

SDカードなんか余っているっていうのに、どうするよ、これ・・・。

D1だじゃれグランプリ(GP)滋賀大会

30秒の即興だじゃれ、61人競う 滋賀でグランプリ:朝日新聞デジタル

優勝した小笠原大輔さん(29)は守山市立物部小学校の先生。お題「スパイ」には「すっぱいスパイス好きのスパイが『大阪のスパ、いいわあ』」。決勝では、お題「バレエ」に「バレーボールが大好きな将軍、キャバレーで大暴れ」と大人のだじゃれで頂点に立った。小笠原さんは「子どもから高齢者までが楽しめるだじゃれは人を幸せにする。来年も参加したい」と連覇を見すえた。

 一瞬、虚構新聞かと思ってしまった。

うーん。本当にただの言葉遊びのダジャレはちょっとなあ。

どうせやるなら、以前、日記で紹介したような、これぐらいの工夫が欲しいよなあ。

(参考)

今日、魂が打ち震えるほど感動したイノベーションに出会った件 - つまりはそういうことだ

角川のkindle本セール

また角川のkindle本の50%引きセールをやっている。

いつまでかわからないけれど、要チェック。

ちなみにkindle本は、kindleを持っていなくても、スマートフォンやPCでkindleアプリをダウンロードすれば、読めます。Macでも大丈夫。

せっかくなので一冊オススメしてみよう。

 米原万里「嘘つきマーニャの真っ赤な真実」

嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)

嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)

 

 昔、TBSのブロードキャスターにも出演していた、ロシア語通訳者の米原万里が、旧ソ連で過ごした子供時代を回想するノンフィクション。

いつか時間があればレビューしてみたいと思っていたのだけれど、これが大傑作なので、騙されたと思って読んでみて欲しい。

その理想はともかくとして、共産主義国の実体が、いかにクソかっていうのが、よくわかります。

一冊の中に短編が何話かあって、表題の「嘘つきマーニャの真っ赤な真実」はそのうちの一話。

どれも激動する社会に翻弄された人たちの話なので、心にぐっとくる話が多くて、いろいろ考えさせられた記憶があります。

なんといっても、著者が言語のプロだけあって、文章がものすごくうまい。

今ならたったの230円。

また、再読したくなってきたな・・・。

つまりはそういうことだ。