読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2−0は危険なスコア 本田とミランと星陵と富山第一と大迫半端ないって

この三連休はめずらしく、体調をくずすことなく、しっかり消化できた。

うれしい。

2−0は危険なスコアその1

早朝、早起きしてニコニコ動画にて本田のデビュー戦を見る。

10分ぐらい遅れて見たら、ミランはすでに1点先制した後で、しかも見始めてすぐにもう1点追加したので、やっぱり相手は弱いなあ、これは本田の出番があるかもしれないな、と、コーヒーを淹れるために席を立っている間に、敵にゴールを決められていた。

で、あれよあれよという間に、同点、逆転、更に追加点を入れられて2点リードされるという展開になってしまった。

ミラン弱っ!

これではベンチの本田、今日は出番なしかなあと思ったら、ラスト25分ぐらいのところで出てきて結構活躍していた。

完全に本田が入って、良い方に流れが変わったもんなあ。

大したものだ。

最終的に4-3までいったので、本田のシュートが一本でも決まってればなーとは思ったのだが、デビュー戦としては十分合格点だろう。

でも、1点決めれば同点で本田はヒーローになれたのにもったいなかったなあ。

2-0は危険なスコアを地で行くような試合だった。

見る方としては、バカ試合でおもしろかったけど、なるほど、ミランが下位に低迷しているのも納得だ。

今の守備がザルで本田抜きのミランだったら、セレッソでも勝てるんじゃないか?と思わせてくれる一戦だった。

2−0は危険なスコアその2

今日は高校サッカーの決勝。

星陵と富山第一の北陸対決。

いやあ、すごい試合だった。

なんとこの試合も2-0からの逆転なんだよなあ。

ハーフタイムに歴代の高校サッカーの決勝のハイライトが流れて、なぜか決勝戦と関係のない「大迫半端ない」の人まで出てきたのには笑った。

できれば監督の「オレ握手してもらったぞ」まで入れて欲しかったが。

星陵が2点先制した後、富山第一が後半ロスタイムにPKをもらって追いついて、延長戦で逆転。なにこの神展開。

観てよかった。

延長戦の終了間際に、富山第一のPK専用の控えゴールキーパーがアップをはじめたから、星陵はそれがプレッシャーになったのかもしれないなあ。

2-0は危険なスコア。

つまりはそういうことだ。